語学学校の選び方について思うこと

語学学校の選び方について思うこと

最近、また語学学校に行きたいと思い、いろいろ調べたり、学校に行っている人の話を聞いたりしています。

語学学校を選ぶ基準て、本当に人それぞれの価値観と、求めることによると思うので、人から勧められた学校が100パー自分に合うとは限らないと思うのですが、語学学校を探すとき、多くの人が値段の次に日本人率を気にするような気がするので、それについて私の考えをシェアしたいと思います。

英語環境にするために、日本人の少ない学校を選ぶことは間違いではないと思いますが、日本人が多いということは逆に学校側が日本人に慣れているというメリットもあると思うのです。

日本人はシャイな人が多く、どんどん話すヨーロピアンの中に混ざるとさらに話せなくなってしまうという人が多いです。特に夏はクラスの人数が多くなるので、話す機会はさらに減ってしまうことになります。

また、日本人に慣れている学校で、質の高い先生であれば、それを認識してくれてみんなが均等に話せるよう調整する工夫をしてくれたりします。

それから、日本のエージェントなどを通して学校を選んでいる人が多いので質の高いところに日本人が集まっているということもあると思います。

学校も、少人数制や、年齢制限を設けて勉強に集中したい人向けのコースなどもあったりするようなので、個人的には自分にあったカリキュラムや教育システムを導入しているところを選ぶことの方が非常に大事になってくると思います。

それに、私の経験では特に初級レベルの頃は日本人の友人の存在は大きかったです。なんせ思っていることが英語だと全く言えず、ストレスがたまるし、同レベルの友達と切磋琢磨することで伸びも早くなりました。

ある程度文法や単語などの知識はあるから言いたいことは言えるけど、あとは話す練習だけというのであればヨーロピアンばかりの学校に行ってみるのも面白いかもしれません。あと、遠慮せずにガンガン話せますという方も。

ちなみに、ヨーロピアンがいっぱいいるのがイギリス留学の面白いところですよね。カナダでは、ほとんど会ったことがありませんでした。

人それぞれ、考えは様々だと思いますが、個人的には日本人率は気にしすぎる必要はないのではないかなと思います。

ちなみに私は、どちらにしても金銭的にそんなに選べる状況ではないです。笑
あんまり参考になる内容ではないかもしれませんが、読んでくださりありがとうございます。

クリックで私に元気をください。お願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket