私がワーホリに行く前に知りたかった最強の英文法勉強本

私がワーホリに行く前に知りたかった最強の英文法勉強本

あけましておめでとうございます!いよいよ2016年ですね。本年もよろしくお願いいたします。

今回は、今年こそはワーホリ行くぞ!と決めてるけど、英語が不安という方に、オススメの英文法勉強本を紹介したいと思います。これ1冊でネイティヴが日常で使っている英文法が習得できます。

日本の授業で習った文法と違って、例えばWillとbe going toの違いなどもよくわかりますし、この本1冊を一通りやっておくだけで日常会話で使われる英文法の基礎が身につきます。わたしはあまりにもわかりやすいのでやりながら楽しくて感動しました。笑

私がカナダに行ってから友人に勧められて知った本で、英語を勉強している方々のなかではかなり有名な本だと思います。

その本が

“Grammar in Use”

です。

ケンブリッジ大学出版局から出版されている本で、最近では大きな本屋さんには置いてありますし、英語版日本語版があります。(お店では日本語版しか取り扱いがないかもしれませんが、英語版もAmazonで購入可能です。)

文法の説明から全てが英語で書かれているのでそちらの方が勉強にはなりますが、英語まったくダメという方は日本語版でもいいと思います。

アマゾンで一番人気の中級用英語版

初級日本語版

中級や上級のものもありますので、レベルに合わせて文法を学ぶことができます。ページの左側が説明、右半分は練習問題になっていますので、ただ読むだけの文法書と違い自分の理解度も確認できます。

ただ、なぜこの本が最強なのかの説明が正直わたしの日本語力ではどう表現していいのかわかりません。。(ー ー;)

書店で実際に見ていただくか、アマゾンのレビューをご覧いただければ良さがわかっていただけると思います( ´ ▽ ` )←役立たずでごめんなさい。

初級者用英語版

中級者用日本語版

ランキング参加してます。
よろしければクリックお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket