リゾバを経験して学んだこと/気づいたこと

リゾバを経験して学んだこと/気づいたこと

今回はワーホリとは関係ない話ですが、自分の感じたことを忘れないよう書いておこうと思います。

去年から3つの場所で住み込みで働いてきて、まず一番最初に感じたこと。

仕事のできない人って世の中にこんなにいるんだ...!

ってことです。今まで、海外だったり日本でもシェアハウスに住んでいたりと一般的な人と比較するとかなりいろんな人たちを見てきたと自負していますが、2015年は、今までの30年の人生でこんなにやばい人初めてだ〜って思う人に2人も会いました。おかげで、今まで色々な仕事をしてきましたが、自分がどれだけ周りに恵まれてきたのかを改めて気づき感謝の気持ちを持つことができました。

あと、気づいたのは仕事ができない人たちのほとんどは挨拶ができなかったり、謝ることや感謝の言葉、お願いしますの一言も言えない場合が多かったです。コミュニケーション能力が仕事の出来につながっているように感じました。

コミュニケーションが下手で他者に対する思いやりが全く感じられず、それでいてミスをしても謝らず。教えてもらってもお礼も言えない。。人の失敗を粗探しするような人もいました。

そんな人間から耐えがたい侮辱的な言葉を言われたこともありましたが、自分はそういう人間にはなりたくないと強く思い、今まで以上に人に対する思いやりを大事にしようと思わせてくれるいいきっかけになったと思います。

もちろんリゾバにいる全ての人がそうではありません。
派遣を通して行ったリゾバの時は若い人や志を持って働きに来ている人が多く、素敵な方がたくさんいました。リゾバは、日常では決して巡り会えない色々な人たちと出会える素晴らしい経験ができる場所です。

さて、ついに明日でリゾバ生活最終日。
色々なヤバイ人たちにストレスを抱える日々でしたが、そんな中でもいつも支えてくれる人たちもいました。いつも私のことを気遣ってくれた方々がいたから辞めずにここまで頑張ってこられたなと心から思います。この感謝の気持ちを忘れず、私もこれから出会う人たちに同じことができるような人間になろうと思います。

イギリス出発まであと24日。

ランキング参加してます。
クリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket