やりたいことをしながらワーホリ資金を貯める方法

やりたいことをしながらワーホリ資金を貯める方法

ワーホリに行くと決めると、多くの方はまずやるべきこととして以下の二つを考えると思います。

①お金を貯める
②英語力をつける

ワーホリに行ける18歳から30歳くらいの方々で貯金をしっかりできている人って案外少ないと思うので、今回は私が現在もやっている、やりたいことをしながらお金を貯めた方法をご紹介します。

実家にいる人は家賃や食費がほとんどかからないしお金を貯めるのにはいいと思いますが、現在会社勤めをしていて、仕事があまり楽しくないと感じている人には特にオススメです。

その方法とは、“リゾバ”です。普通すぎてガッカリかもしれませんが。笑
なぜリゾバがいいのか、ただ単に稼げるというだけではないその理由を説明します。


  1. お金を使う場所がない
    そもそも飲み屋もコンビニもないようなど田舎に行くと全くお金を使いません。また、友人からも離れて生活することになるため、誘惑も激減します。そもそもATMがないということも結構あります。※ただし、行く場所によっては誘惑があるところももちろんありますので、出来るだけ田舎の方をお勧めします。
  2. ストレスフリーな生活
    リゾバでは寮生活になり通勤がなくなるのと、観光地なので自然や、海、山、温泉などで毎日癒される。さらに、ご飯も自分で作る必要はない。また、お金を使わないということもストレスにならない理由の一つかもしれません。
  3. 勉強や情報収集の時間がたくさんとれる
    2番でも触れたように通勤や自炊から解放される分自由な時間も多く取れるようになり、好きなことをする時間が作れる。
  4. 英語のスピーキング練習ができる
    多くの観光地には外国人のお客様がかなりの確率でいますので、ワーホリ前に英語を使う練習ができたり、更には外国人の同僚がいることもあるため英語を話すチャンスが多い。
  5. お金をかけずに最高に楽しい体験ができる
    スキー場ならリフト券タダ、沖縄なら毎日ダイビング三昧、箱根なら温泉三昧など、その土地ならではの楽しみを、観光ならお金がかかるのに従業員ならタダもしくは割引で楽しめるというのもリゾバの特権です。

以上、やりたいことをしながらワーホリ資金を貯める方法でした。

《最後に》
私はスノーボードが好きなので、初めてのリゾバはずっと夢だったニセコにいきパウダースノーを満喫しながらお金を貯めました。もちろん、行く場所によっては上記が当てはまらないところもありますので、探す時に注意が必要ですが、季節問わず色々なリゾバがありますので、一念発起して会社を辞めてワーホリへ行くのであれば、その前に日本の素晴らしい観光地で住み込みバイトをしてみるのもなかなか経験できないことなので、ぜひ多くの人に経験してほしいなと思います。

ちなみに、私は現在もスキー場でリゾバ中です!

LINEで送る
Pocket