渡英して最初にしたことと、これからすべきことまとめ

渡英して最初にしたことと、これからすべきことまとめ

イギリス入りして6日目。

土曜日ですが、今日は天気がすぐれないのでおとなしく過ごします。

そして、現状でする必要があることをリスト化してみました。

書き出してみないと実際何をすべきなのかわからなくなるほど、地味に面倒なことが結構あります。

これは私の経験ですので、ワーホリのすべての方に当てはまることではないですが、参考になれば幸いです。


①携帯

現代は仕事探すにも家探すにもまず電話がないと難しいですよね。ロンドンは街が複雑だし、電車やバスも東京並みに複雑で、ネットなしに一人で行動するのはかなり厳しいです。到着してすぐに家や仕事を探す必要がある方は早めにスマホを使えるようにすることはかなり重要だと思います。

私は到着して次の日(到着が夜だったので)に近くのコンビニ的なところでSimを買いに行きました。携帯の契約など詳しいことはまた改めて書こうと思います。

②BRPの受け取り

これも、仕事探しの時にビザの証明として必要になりますし、何より受け取り期間が入国から10日間と定められているので、受け取り可能期間が明記されている、パスポートと一緒に送られてきた紙と、パスポート滞在先の住所(宿の住所でOK)を持って早めに取りに行く必要があります。

私はBRPの有効期限に問題があり、現在は修正してもらうために送ってしまったのでカードは手元にありません(^_^;)普通はそういうことないと思いますが、念のため内容は確認した方がいいと思います。

③家の内見

最初に滞在するところがホームステイの方はそこまで急ぐ必要はないと思いますが、仮の宿に泊まっていると、滞在費もかかるし、ドミトリーだとセキュリティ的にも不安があるし、何かと不便です。私は仮宿は10日間のみ予約していたので、入国の1週間前くらいから内見の予約をし始めました。そして入国3日目に内見し決めました。

私はとてもラッキーでしたが、家探しはたくさんの方が苦労されているというお話を人材紹介エージェントの方がおっしゃっていたので、やはりこれも早めに動いた方が安心です。

④人材紹介会社への登録

私の場合はオフィスでの仕事を希望していたので、日本の人材紹介会社を利用しました。日本にいるときからCVを送るなどはしていましたが、実際にオフィスに出向いて登録するまではもちろん仕事を紹介してもらうことはできませんので、すぐに働きたいのであれば出来るだけ早めに登録に行く必要があります。
(仕事探しと家探しについてはコチラに書いてます☆)

⑤在留届提出

意外と提出してない人もいるかもしれませんが、オンラインで2~3分程度で簡単にできます。https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/
何かあった時のためにも提出することをお勧めします。私は免許の件で提出の必要があったので慌ててしました。笑

ちなみに、帰国した際にはきちんと帰国した旨もオンラインでお知らせしないと選挙に参加できない事態になったりするのでご注意ください。(私は帰国届けだした筈でしてが出てないことになっていたらしく、投票ができませんでした^^;)


以上が私がこれまでにしたことです。
ちなみに、空港から移動する時に地下鉄を利用する方はオイスターカード(ICカード)を購入することも必要です。現金で切符も買えますが、オイスターカードを買った方が安いようです。私はロンドンに住んだことのある友人にもらってきたので買いませんでしたが、確かデポジット5ポンドくらいで、発券機で購入できます。

それでは、これからすべきことに続きます。


⑥銀行開設

仕事をするのに銀行がないとお金もらえないので、早く開設しなければ。
一般的にイギリスで銀行を開設するには、パスポートと住所証明(水道光熱費とかのビルなど)が必要らしいのですが、Lloyds銀行ではパスポートのみで作れるとの情報をエージェントの方に教えていただきました。ただ、窓口の人がそれを知らない場合があるそうでw 下記URLのページを出力するかスマホで見せれば大丈夫だそうです。(これも100%ではないそうですがw)日本では考えられない対応ですね。笑

http://www.lloydsbank.com/legal/proof-of-identity.asp

土曜に営業している店舗もあるのですが、近くの支店がお休みなので、月曜日に挑戦してみようと思います。

National Insurance number の取得

国民保険番号というらしいですが、働いて税金を支払う際に必要な番号とのことで、仕事をするワーホリの方々は取得必須です。これを取得すると、無料でイギリスの病院にかかれるそうなのです。実は去年突然導入された400ポンドを支払わなくても、無料だったそうで。。。私の8万ほどのお金は何のために徴収されたのか~_~; と考えるとツライので気付かなかったことにしますが。笑
*GP登録の際にNINoは不要でした。国民保険という名前に騙されました。笑

取得の流れは、下記記載の電話番号に電話し、名前、住所、パスポート番号などを聞かれ、申請書類が送られてくるらしいですが、これも週末は対応してないので月曜日にやってみます。
https://www.gov.uk/apply-national-insurance-number

⑧GP登録

GPとはGeneral Practitionerの略で、かかりつけの医者のことだそうです。これを登録しておかないとせっかく無料で医療サービスを受けられるはずなのにその恩恵を受けられない可能性があるようです。

私は詳しいことはわかりませんが。。こちらの日本大使館のサイトで詳しい説明があったので、私もこれを見ながらやってみようと思いますが、実際には病院に直接英語でアポを取って診察を受けて初めて登録できるようで、正直手間がかかるしハードルが高いため、登録していない人も結構いるみたいです。


 

基本的には以上です。
BRPの問題とか、免許証の切り替え申請もありますが、それについてはとりあえずはできるアクションは終わりました。

細々とした面倒なこといっぱいですが、基本的にすべて英語でやるので勉強になるし、全部一回やれば済むことなので早め早めに動いてイギリス生活を満喫したいと思います。

ブログ村ランキング参加してます。
うちのわんこをクリックで応援いただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket