《Workaway体験記》イギリスの田舎でファームステイ

《Workaway体験記》イギリスの田舎でファームステイ

先週から5ヶ所目のWorkawayを開始しました。

今回はBristolから1時間半ほどの場所で、3年ほど前からPermaculture Farmを始めた若い家族のお手伝いです。

パーマカルチャーという言葉、私は今まで知らなかったのですが、PERMACULTURE CENTER OF JAPANによると

パーマカルチャーとは、パーマネント(永続性)と農業(アグリカルチャー)、そして文化(カルチャー)を組み合わせた言葉で、永続可能な農業をもとに永続可能な文化、即ち、人と自然が共に豊かになるような関係を築いていくためのデザイン手法です。私たちの命を支えている自然の恵みである食べ物やエネルギー、水などがどこからきてどこへ行くのか、そして自分の毎日の生活がそれらにどのように関わっているのかを知り、汚染や破壊を引き起こすのではなく、より豊かな生命を育むことが出来るようにそれらと関わっていくこと。そして争うのではなく喜びを分かち合うことを前提とした人間社会を築いていくこと。これらを実現していくために自らの生活や地域、社会そして地球を具体的にデザインしていきます。

だそうです。そしてこの家族は食事もオーガニックで、様々なものを手作りしていて日本にいるとなかなか触れられないことばかりなので学びも多いです。

写真はとある日のランチでメキシカン料理のファヒータです。

そして、彼らは1歳半の赤ちゃんがいて、成長真っ盛りの子供のいる生活というのも刺激的です。

ファームには猫が4匹。彼らは農産物を食べに来る動物たちを退治するために飼われていて、とても野性的。ペットとしての猫とは違ってモグラやうさぎも殺してしまうそうです。でも、人懐っこくて可愛いですが。

そして、食用の豚も2匹います。自分も豚肉食べますが、食用の豚だと知って餌をあげていると複雑な気分になります。。

現在はファーム内に家族が住むための家を建設中で、藁をメインに使用したお家です。今は屋根になる部分をつくっています。

イギリス人に囲まれて脳みそ疲れるし、知らない単語ばっかりで迷惑をかけてしまうこともあるけど、すごく社交的でいろんなことを教えてくれるホストなので、毎日学びの日々です。

残りたったの3週間しかないけど、あと21日、有意義な時間を過ごせそうです。

workawayの雰囲気が少しは伝わりましたでしょうか。

この特別な経験をたくさんの人ができるといいなと思います。

workawayについては他の記事参照ください。
《Workaway》ホストから返信をもらうコツ

Workawayに登録してみました

イギリス生活8カ月経過〜始めてのworkawayを終えて〜

 

よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket