私を変えたワーホリ経験

私を変えたワーホリ経験

こんにちは。

日本への帰国があと1ヶ月ほどと迫ってきて、これからの人生のことを毎日考えています。
自分がこれから何をして生きて行くのか今もわからないけど、やりたいことは色々あるので、不思議と不安はなく、落ち着いています。まだ今は旅の途中だからかもしれませんが。

 

最近、人から私が「とてもフレンドリー」だと言われて、ふと思うと、ここ数年そう言ってもらえることが多いことに気がつきました。

現在の友人からはびっくりされますが、私は元々人見知りで、幼少期から学生時代も自分から人に話しかけることができない子でした。中学2年の時に家の引越しとともに転校し、人見知りどころか人間不信になり、家族とも毎日言い合いばかりで、学生時代唯一の楽しみだった部活も、転校によって続けられなくなり、とにかくもう生きてることが辛いと思いながら生きていました。

人から否定されることが怖くて、人からどう思われるかばかり考え、自分を取り繕って生きていて、なので、本当にありのままの自分でいられる友達はいませんでしたし、自信がなく、自分のことが嫌いでした。

そんなわたしを変えたきっかけは、初めて海外に出たカナダでのワーホリでの経験でした。

なので、初めてのワーホリで自分にどんな変化があったのか、このブログに書き残しておきたいとおもいます。

 

+++++++++++++++++++++++++

2006年5月27日
初めての海外。初めて家族から離れて暮らす経験に、絶対1年間自分の力で生活しきる。と心に決めたこと、セントレアに家族、親戚、友達が見送りに来てくれたこと、飛行機の中で泣いたこと、今も覚えています。

飛行機の到着が遅れ、入国審査にも時間がかかり、送迎の人をすごく待たせてしまいました。送迎にはもう一人日本人の男性がいました。彼の名はカズ。語学学校が一緒でした。

運転手さんは外国人で英語しか話せませんでした。私は何を言われているのか全くわからず、カズが英語で会話していてすごいなと思いながら終始黙っていました。

最初の1ヶ月はホームステイをしました。ノースバンクーバーにあるカナディアンの老夫婦のお宅で滞在しましたが、私の英語力がなさすぎて、ホストはきっと大変だったと思います。「Yes, please」と「No, thank you」ということをここで覚えました。

語学学校の初日はクラス分けテストと面談がありました。面談については、以前も書いたことがあるのですが、「How are you?」と校長に言われ、それすらも意味がわからなかったこと、今となってはネタですが、日本で教育を受けてきたのにも関わらず本当に恥ずかしいレベルの英語力しかありませんでした。

そんな中スタートした、不安だらけのように見える状況でしたが、私にとっては毎日がすごく楽しかったのです。

当時の私は20歳で、専門学校を卒業したばかりでした。アルバイトの経験はありましたが、社会に出たことはもちろんなく、狭い世界しか知らなかったので、様々な年齢、国籍、経験を持った人たちと触れ合うことで毎日が最高に刺激的でした。

語学学校で知り合った友達は、学生時代のクラスメイトと違い、私のことをありのままで受け入れてくれて、私にとっては、初めて本当の友達と思える存在でした。彼らとは、今でも連絡を取ったり、たまに会ったりもしています。

また、バンクーバーの人々はとてもフレンドリーで、アジア人の私にも、バス停で気軽に話しかけてくれたり、通りすがりの知らない人が髪型や、服や持ち物などを可愛い!と褒めてくれたりすることが多々あり、私の心の壁は徐々に剥がれていきました。

2ヶ月が経った頃には、語学学校のクラスも1つレベルが上がったりと、徐々に英語力がついて来てさらに楽しくなりました。

3ヶ月が経ち学校を卒業し、さらに様々な人と関わり、恋愛、人間関係でも色々と経験しました。詳しくは書きませんが精神的にきついこともありましたが、友達に支えられて乗り越えられました。

仕事探しについては、こちらのブログに書いてますが、英語力が仕事で使えるに至ってないので、まぁ見つからずとにかく大変なことばかりの生活でした。

12月にやっと見つけた日本食のファインダイニングのお店も、英語力のなさでクビになりかけ、なんとかお願いして続けさせてもらったり、友達に紹介してもらった別のお店も、休みの日を伝えて居たのに無断欠勤したとキレられてクビになるなど、他にも様々なトラブルを経験をしました。

イギリスワーホリの時は、9年後の29歳の時で、社会人経験があるので仕事はすぐに見つかるし、英語も理解はある程度問題なく、海外生活も慣れていて、大きな問題なく自力で普通に暮らし、自分でガシガシ行動して友達もたくさんできました。それも、あの初めてのワーホリ経験があったから、ここまで成長できたなと今思います。

あの時にこういう経験ができたことで、英語が好きになったし、人と関わることや、いろいろなことに挑戦する面白さを知り、人に親切にすること、自分を大切にすることを学びました。

 

今、旅をして新たな素晴らしい経験ができていることも、この1歩があったからなのだと思います。
ここまで読んでくださったあなたも、ワーホリでなくてもぜひやりたいと思ってることに挑戦してみてください。きっと何かが変わります。

++++++++++++++++++++++++

ランキング参加してます。気が向いたらクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket