YMS(イギリスワーホリ)に当選したらすべき5つのこと

YMS(イギリスワーホリ)に当選したらすべき5つのこと

2017年初投稿となります。気がつけば1月も半分を切ってしまいました。そして、私の帰省のんびり生活も残すところあと1週間となりました。

今日は今年のイギリスワーホリ抽選の当選発表の日ですね。当選された方々おめでとうございます。そしてメールが届かなかった方も、今年は7月にもう一度チャンスがあるようなので、ぜひ再チャレンジされてください。

今年は去年までとルールが変わり、下記新しいルールが採用されたそうです。1月の当選者は支払いを3/30までに完了する必要があるので、基本的には3/30から90日以内の日程でビザセンターへ行く予約を取る必要があるようですね。

あぁ、個人的にはビザの事を思い出すだけで頭が痛くなります。私のビザの悪夢について気になる方は以下にリンク貼っておきますのでご覧くださいませ。。

《イギリスYMS申請》最悪の事態 届いたビザの日付が間違ってる・・・!

当選された方は、2017年3月30日までにオンライン申請、クレジットカードによるオンラインでの申請料金の支払いを完了する必要があります。この期日までに申請料金の支払いが完了されない場合、自動的に当選リストより削除され、当選が取り消されます。申請料金の支払い後から90日以内に、申請書類の提出が可能です。

※https://www.gov.uk/government/world-location-news/youth-mobility-scheme-2017-for-japanese-nationals.jaより引用

そして、1月に当選した場合は、基本的に1月から6月の間に出国することになると思うのですが、ワーホリネットさんのサイトを見ると、1月に当選してもなんと7月以降に出国することが可能!との記載が。すごい。なぜこんなに詳しいのでしょう。

公式ではそんなこと書かれていないので不安になりますが。。出国前にもっとお金を貯めたい方や、どうしてもそのタイミングでは行けない方には朗報ですね。(ただし、ビザの期間は最大で6月からとなるため、入国を遅らせることはできても滞在可能期間は実質短くなってしまうようですのでご注意くださいませ。)

とにかく、詳しいことはワーホリネットさまを参照ください。→こちら
ちなみに、なんども言いますが私はワーホリネットさんの回し者でもお金をもらってもいません。笑
申請は複雑なので、ワーホリネットさんのサイトを何度も見ても私はミスをしました。。こんなアホなミスは私くらいしかしてないかもしれませんが。。その時の記事は↓です。。

《イギリスYMS申請》私が犯したたった一つの大きなミス

さて、前置きが長くなりましたが、私自身、一時的にイギリスを離れ、また新たにワーホリに行くような気持ちでおりますので、不安や緊張感を再度感じております。そこで、改めて、私が思うイギリスへワーホリに行く前に準備しておくべきこと5つをまとめてみようと思います。

 

①まず、出発する日を確定しましょう。

 

なにはともあれ当選したらまず日程を決めてしまいましょう。留学エージェントなどでは、ビザが下りるまで航空券を購入することはお勧めしません。などと言われますが、私は航空券を安く購入するためと、モチベーションのためにも日程は出発の1年前には決めていました。決めると実感がわきワクワクしてきます。

②日本にいるうちから英語力を上げておきましょう。

ワーホリは、留学ではないので、現地で働いたり、生活して行くためには、当たり前ですがやはりある程度の英語力は必須です。日本でできる勉強として、英語を専攻していた人でない限りは、やはり英文法は勉強し直しておいた方が良いと思います。(オススメの英文法教材については過去に書いておりますので、コチラ↓参照ください。

●私がワーホリに行く前に知りたかった最強の英文法勉強本
●これからワーホリに行く人におすすめの英語準備方法

外国人とほとんど話したことがないという方には、スカイプ英会話がかなりオススメです。月5千円くらい(一日約150円)で毎日25分利用することができます。(私が利用していたのはDMM英会話でした。)

私はイギリスへ行く前に5ヶ月ほど続けていましたので、おかげでイギリスに行った時も4年ぶりの海外生活でしたが、思っていた以上に話すことができました。スカイプ英会話を申し込む時や初めての時はすごく緊張しましたが、先生たちもフレンドリーで慣れると先生とも仲良くなって楽しかったです。

また、予算や時間が許すのであれば、やはりフィリピン留学もおすすめです。私は2011年に4ヶ月間行きましたが、やはりマンツーマンで授業を受けられるというメリットは大きいです。

去年ロンドンで学校に行っていましたが、グループだとどうしても聞きたいことを聞けなかったり、自分が考える時間が十分にないことなどが毎回ありました。マンツーマンだとそういうストレスもないですし、何より成長スピードが違います。値段が安いことももちろん魅力ですよね。(以前こちらの記事にも書いています。→こちら

ちなみに、私は当時、セブイングリッシュさんというエージェントを利用しました。ホームページを探してみたら今も存在しているようでした。当時フィリピン留学のエージェントはあまり無い頃からやっている会社ですし、丁寧に対応して頂いた記憶があるので、信頼できると思います。興味がある方はホームページ(https://cebu-english.com)見てみてください。

あとは、英語の勉強はご自身に合った続けられる方法を見つけることも重要かと思います。偉そうなことを言っていますが、私は継続苦手はです。。

③十分なお金を用意しましょう。

十分ていくら?っていう話ですが、イギリスワーホリで、学校に最初行く方だと150万から200万くらいが相場でしょうか。今はBrexitの影響でポンドが下がっていますし、どういう生活をするかによってピンキリともいえます。私は100万円程度用意して行きましたが、すぐに働いたので余裕でした。(今は無職ですが。。)

④ワーホリでなにをする?目的リストを書き出してみましょう。

英語が喋れるようになりたい。外国人の友達が欲しい。外国で働きたい。ロンドンの素敵なおうちで暮らしたい。ヨーロッパ旅行しまくりたい。イギリス人の彼氏/彼女が欲しい、などなど。

ワーホリの2年間でしたいことや目標を考えてみると、イギリスのどこに住むかや、どんな暮らしをするかの具体的なイメージをすることができるので、それに向けて自分に必要な費用を用意したり、事前に情報収集などもしやすくなり、モチベーションも上がってきます。貴重な2年間を有意義に過ごすためにも、目的の明確化や、やりたい事リスト作成はおすすめです。

⑤SIMフリー携帯、スーツケースなどの必需品を早めに用意しておきましょう。

イギリスでは、SIMフリーの携帯を持っていけば携帯代はかなり安く済みますし、何より日本のスマホをそのまま使えるので楽です。イギリスの携帯事情についての記事は↓参照ください。

イギリスで携帯を持つ一番簡単な方法

今は日本の携帯もSIMロックを解除できる時代ですので、ロックがかかっているスマホをお持ちの方は出国前に必ずしておくことをお勧めします。

また、ワーホリ準備で多くの人が苦労するのが荷造りかと思います。私も例に漏れず苦労しました。(その荷物に関しての記事は↓を参照ください)Lサイズのスーツケースはそれ自体が重く、私のは7キロもありました。

移動するのも大変ですし、飛行機への預け入れの重量制限を気にする必要があるので、もっと早くから軽量のものを準備しておくべきでした。機内持ち込みの荷物も航空会社によってサイズや重さの制限があるので事前の情報をしておきましょう。

●《ワーホリ》荷造りしてからわかった大失敗
●YMS生活6ヶ月持って来て良かったもの、不要だったもの。

私は過去に数え切れない程飛行機に乗ってきていますが、荷物は毎回苦労しています。昔LCCを利用した際にバックパックのサイズが機内持ち込み規定サイズをオーバーしていて当日に飛行機チケットより高い料金を払わされてしまった経験は苦い思い出です。

初海外の頃には国際線で液体物持ち込み制限があることも知らずに大きいシャンプーを没収されたのも今となっては笑い話です。話が逸れましたが、利用する航空会社の規定について事前の情報収集をしておくこともオススメします。

以上、YMSに当選したらすべき5つのことを私の経験からまとめてみましたが参考になりましたでしょうか。実際にはイギリスだけでは無くて他の国へのワーホリや、留学で海外に行く時や海外旅行に行く時にも使える内容になるよう書いてみました。私のように、現地に行ってから後悔した。。なんてことのないように、事前に出来ることは徹底的にやっておいて損はないと思います。

LINEで送る
Pocket