ワーホリを3カ国経験した私が思う、YMSで失敗しないための心構え5つ

ワーホリを3カ国経験した私が思う、YMSで失敗しないための心構え5つ

YMS 2019の抽選結果発表がいよいよ近づいて来ましたね。自分がソワソワしていた4年前を思い出します。ご存知の通り、YMSは毎年幸運な1000人のみが取得できる超高倍率と言われるビザ。

そして滞在可能期間が2年間ということで、せっかく当選したのなら、人生の貴重な時間を無駄に過ごすようなことは絶対にしたくないですよね。

ということで、私が3カ国のワーホリ経験で学んだYMSで失敗しないための心構えをシェアしたいと思います。

ちなみに、「心構え」を辞書で調べてみたら、心の中での準備、心の用意のことだそうです。

《YMSで失敗しないための心構えその1》

そもそも、YMSにおける『失敗』という言葉の定義については人それぞれ異なるとは思いますが、まず始めに、ワーホリ後に後悔したこととして多くの人によく挙げられる、

▶︎英語が全然上達しなかった。
▶︎日本人ばかりとつるんでしまっていた。

という観点においての失敗しないための心構えについてです。

私自身、初めてのワーホリでは例に漏れずいつも日本人の友達とつるんでいました。英語は仕事で使うことが多かったですし、英語の勉強は結構頑張ってやっていたので、個人的にはある程度上達できたように思います。

上記のような後悔をしないためには、端的に言えば、『外国人の友達を作り』、『英語を話す機会を多く作る』ことを意識し、行動することで防ぐことができます。

参考までに、私がYMSでイギリスにいた時実際にした具体的な行動で効果があったと思うのは、

◉ランゲージエクスチェンジなどのmeetup、交流会に参加し、色々な国籍の友達ができたこと。
workawayを利用してイギリス人と生活することで英語漬けの生活を送ったこと。

でした。外国人の友達を作るにしても、英語力を向上するにしても、心構えとして大切なのは、待っていてるのではなく、自分からアクションを起こしていくことです。

《参考リンク》

《Workaway体験記》イギリスの田舎でファームステイ

《Workaway体験記》私の中でのワースト経験 in イギリス

《YMSで失敗しないための心構えその2》

次に、ワーホリやYMSに行く方のほとんどが抱くであろう不安についてです。

▶︎現地での仕事、家探し。
▶︎帰国後の進路。

これを読んでいるあなたも、上記2点は不安に思っているのではないでしょうか。暮らしやお金に関する不安は、日本で暮らす時と同じで、誰もが持つことだと思います。

でも、断言します。大丈夫です。『死ぬこと以外かすり傷』という心構えを持つことです。

不安を消すのはなかなか難しい事だとは思いますが、あなたのYMSの目的を明確化する事ですべき行動が見えてきます。

あなたが出来ることは、イギリスYMSの2年間で、どこで、どんな生活がしたいのか、具体的にワクワクするようなイメージを想像して、それに向けて行動を起こして行くのみです。

帰国後の事も、YMSを通して新たにしたい事が見つかる可能性も大いにあります。まずは目の前のことに一所懸命取り組む事が大事です。

《参考リンク》

渡英4日目にして家と仕事が決まった!?

《YMSで失敗しないための心構えその3》

ズバリ、『日本人代表』という心構え。これをぜひ準備して行ってください。イギリスの田舎にいた時は、人生で日本人と会ったことすらもないような人もざらに居て、私がその人たちにとっての『日本人』の印象を左右してしまうと感じることもたくさんありました。

また、わたしが今まで外国人と交流をしてきて、自国の文化、習慣、政治のことなど、自分が思っている以上に知らないことを思い知らされ、恥ずかしい思いも何度もしました。

特にヨーロッパの人は討論をするのが好きな印象で、ほとんどの人が自分の意見を持っていて、主張することに臆さないと感じます。

私が初めてworkawayをしたホストでは、夜ご飯を食べるときに政治や習慣についてなど、日本の事に興味を持ってくれて、色々な質問をされましたが、私と、その時もう一人いた日本人の子は、欧米の若い人たちに比べて母国に関する知識や、興味も意見もない、ということを痛感させられました。

ワーホリに行く前に、日本のことや、これから行く国と日本との関係などの知識もある程度つけておくことをお勧めします。

《YMSで失敗しないための心構えその4》

YMSで失敗しないための心構えその4は、あなたにとっての成功を意識すること』です。その2で触れたことにも少し被りますが、みなさん一人ひとり、YMSで実現したいこと、目的は違うはずです。

その目的を明確化し、行動の軸にすることは非常に大事です。

私はYMSでイギリスに到着した当初、目的が曖昧なままロンドンに住んでいて、ずっとモヤモヤしながら過ごしていました。

日本人や外国人の友達を作り、毎週末出かけたり、仕事もして、文字にすると充実した生活を送ってはいましたが、自分の中ではしっくりきていませんでした。

ロンドンを飛び出し、workawayを始めてから私のYMS生活は充実を感じられるようになりました。私のように目的が曖昧な人はとにかく興味のあることにガシガシ挑戦してみてください。

《YMSで失敗しないための心構えその5》

YMSで失敗しないための心構えその5は、あなたはあくまでも外国人であるということを忘れない事、です。『郷にいれば郷に従え』と言うことは意識して行動した方が良いです。

日本では当たり前のことでも、あなたがこれから行く国では失礼に当たることもありますので、その国の慣習やマナーは事前に調べておきましょう。

例えば、

▶︎この時期日本では多くの人がマスクをしていますが、欧米ではマスクをしているとヤバイ病気だと思われるのでしない方が良い。
▶︎鼻水をすするのはマナー違反。
▶︎食べる時、器を持ち上げて食べない。
▶︎外食時に荷物を置いて席を離れない。

など、はイギリスでは常識です。イギリスも日常生活で危険を感じることはほとんどないですが、日本ほど治安は良くないという事は心構えとして意識しておきましょう。

《YMSで失敗しないための心構えまとめ》

以上、私の経験から学んだYMSで失敗しないための心構えをご紹介しました。1つでも参考になるものはあったでしょうか?少し意識するだけで失敗を防げる事は多いと思います。また、その一方で何かに挑戦する以上は失敗する事もあるし、結局は良い事も悪い事も起こるのが人生だと思います。

その時どう対処するのか、今後どうするのか、という事にしっかりと向き合い、それを乗り越えることで自信や成長につながるのではないかなと思います。みなさんのYMSが実りの多いものになることを祈っています。

LINEで送る
Pocket