出会ってから1年半。今の私たちのこと。

出会ってから1年半。今の私たちのこと。

こんにちは!

先週からまたスイスに帰ってきています。今回で4度目のスイス滞在となります。

今回は、遠距離国際恋愛中の彼との今の関係について、現在の状況とこれからの事、いま私が感じている事と、彼と付き合ってきた中で得た学びをシェアしたいと思います。

ちなみに、私たちの出会いの話は↓コチラ

まさか自分の身に起こるとは。旅の途中に突然やって来た彼との出会いの話。

わたしたちのいま

私たちは、今回わたしがスイスに帰って来るまで、4ヶ月ちょっとの間遠距離でした。今までで一番長い期間離れていました。

で、結論から言えば、私たちは今、今までで一番いい関係を築けている状態です。お互いを認め合い、信頼出来ていると感じられるようになりました。

この1年半、数ヶ月の同棲と遠距離を繰り返し、疲れ切ってしまっていた時もあったし、別れた方が良いのかな、と何度も思ったし、何だったら今も落ちることも度々ありますが、今は彼を最高のパートナーだと思っています。

わたしたちの倦怠期

思えば、去年の夏にスイスに滞在していた時は、不安と不満だらけでした。喧嘩ばかりしていたし、わたしは彼の理解できない行動ばかりが気になってしまいすごくストレスを感じていました。

出会って1年が経ち、わからなくなりました

彼の事は好きだったけど、「受け入れる」事が出来ていなかったんだと思います。その後日本に帰って2週間ほど経ったころ、彼への不満ばかりが頭を巡っていました。わたしはその不満を彼に理解してもらいたくて話をしたら、もちろん彼は驚き、反発し、私の話に理解を示してくれる事はありませんでした。

結果、この話し合いのおかげで、不満を作り出していた原因は自分自身で、「私が彼をありのままに受け入れる事が出来ていなかったから」だったことに気がつきました。

その頃から私は男女について色々とネットで調べ、男性の性質を理解したら、彼の理解できなかった行動が少なくとも頭では理解できるようになり、たまたま実家で見つけたアドラー心理学の「嫌われる勇気」を読んだりして物の見方や考え方の幅が広がっていくうちに気づいたら彼への不満は消えていました。

彼との関係に悩んでる人に読んでほしいブログ

そして、彼の方も離れている間に色々と本を読んだり、私たちの関係や自分の改善すべき事について考えてくれていたようで、離れていながらもお互いに同じようなことに興味を持ち、精神的に少し向上していました。

離れていると、いくらビデオ通話で話が出来たり顔が見れたりしても、そばにいる時の様に愛情を感じたり表現する事が出来なくて、時が止まってしまったようだったり、寂しさを感じたりして続けていく事が難しく感じる事も多々ありますが、今回、長い間離れていた事で逆にお互いに成長する良い機会になったので、遠距離もメリットがあるなーと感じました。

1年半で学んだこと

①彼を信頼することの大切さ
離れている時間が長くて会えないと不安に思ったりする事がよくありますが、とにかく彼を信じる事で前向きになれるし、信頼関係を築くためにはまず自分が相手を100%信頼する事が大事だと感じました。

②完璧を求めない事
今もありますが、こうしなきゃ、こうあるべきと完璧主義になりすぎてしまってストレスを溜め込んで落ち込んでしまったり、相手も自分も完璧では無い。ということを許すこと、ありのままを認め、受け入れる事は付き合っていく中で大事な事だなと思いました。

③正直でいること
嘘をつかない、隠し事をしないというのは当たり前のことですが、我慢しないできちんと思っていることを伝えあうこと、自分の気持ちに素直になることでお互いの事をより深く理解し合い、良い関係を築けると思います。

④感謝を忘れない事
相手の存在、一緒に過ごす時間、相手がしてくれる事など、当たり前と思わず感謝し、言葉にする事で相手も喜んでくれるし、自分自身も日々幸せを感じる事ができるので、大切な事だと学びました。

最後に

上記の学びは、正直当たり前の事なのかも知れませんが、日々を過ごす中で忘れてしまいがちなので、常に意識する事が大事だなと思ったのであえてまとめみました。

そんなこんなで、1年半が経ったいまの状況でした。遠距離恋愛中の皆さんも、近距離恋愛中の皆さんも、同じように感じたことや経験がある方も多いのではと思います。落ち込むこともあると思いますが、ハッピーな心で恋愛を楽しみましょ^^

LINEで送る
Pocket